• いちとりについて
  • 相談員のご紹介
  • 任意売却ブログ
  • 会社概要・アクセス
  • 面談予約
  • お問い合わせ
  •  
  • 士業関係事務所の皆様へ
  • 不動産業者・投資家の皆様へ
  • 物件情報
  • 住宅金融支援機構
  • 法テラス

住み続けるために不動産競売を取り下げさせる2つの方法

いちとり, お金, リース, リースバック, リーマンショック, 不動産, 任意売却, 企業再生, 低金利, 住み続けたい, 住み続ける, 住宅, 住宅ローン, 住宅ローンの返済, 住宅ローン払えない, 住宅ローン滞納, 保証料, 倒産, 債権回収, 再生, 千葉, 埼玉, 売買, 夫婦関係, 差押, 東京, 株式会社いちとり, 相続, 神奈川, 競売, 競売の取下げ, 管理費の滞納, 裁判, 訪問業者, 買戻し, 返済, 遅延損害金, 金融円滑化法, 銀行, 離婚
 
 
住宅ローンや投資ローンの滞納を続けた場合、お金を借りた金融機関(債権者)により、所有不動産が差押され競売にかけられてしまいます。(競売申立)
 
 
競売申立をされた場合、住み続けることができる方法は2つです。
 
① 住宅ローンの残額を全額現金で一括返済する
(遅延損害金や、競売申立に掛かってしまった費用を含む)
 
② 任意売却
 
この2つの方法以外はありません。
弁護士へ相談しても、結果は変わりません。
 
 
では実際は、どちらの方法により競売を取り下げることになるのでしょうか。
 
結果は、②が圧倒的に多いです。なぜなら、
 
①の方法が選択できる場合、競売申立をされる前に一括返済しているはずだからです。
ちなみに全額返済の場合、遅延損害金や競売申立にかかった費用などを含めた、すべての金額を債権者へ返済しなくてはなりません。
 
 
【関連ブログ】 競売申立の費用はいくらかかる?
 
 
 
そのため多くの場合、②の任意売却により競売取下げを行い、住み続けることになります。
住み続ける方法は3パターンあり、以下のページにて解説しています。
 
 
▶ 住み続けるための3つの方法
 
 
 
多くの場合、②の方法で競売取下げをすることになりますが、必ずしも任意売却ができるという訳でもありません。
任意売却を行う場合には、必ず債権者の合意が必要になります。任意売却を行う時間も必要です。
 
任意売却も一般的な売却と同じく購入者探し、契約、決済が必要ですので、活動するための時間が必要なのです。
 
限られた時間の中で競売を取下げてもらうためには、任意売却に関する知識や実績がある専門家を選ぶことが重要です。
 
 
▶ 任意売却依頼先の選び方
 
 
 
 
 
 
いちとりは、「任意売却」を専門に扱う不動産会社です。
 
ご相談から任意売却による解決まで費用は一切無料です。
豊富な知識と数多くの実績を基に、ご相談者様のご希望に沿った問題解決ができるよう、全力でサポートいたします。

 
 
【関連ブログ】 株式会社いちとり について
 
 
 
 
フリーダイヤル:0120-49-1102(携帯・PHSからも通話料無料)
 
メールでのお問い合わせは → こちら