• いちとりについて
  • 相談員のご紹介
  • 任意売却ブログ
  • 会社概要・アクセス
  • 面談予約
  • お問い合わせ
  •  
  • 士業関係事務所の皆様へ
  • 不動産業者・投資家の皆様へ
  • 物件情報
  • 住宅金融支援機構
  • 法テラス

● 任意売却のメリット

競売とは違い、任意売却は自らの意思で行うことができます。ただ競売を待つのではなく、任意売却をしたほうがあなた(債務者)の労力を軽減できるメリットがたくさんあります。そのような任意売却のメリットを、ここではご紹介いたします。

メリット① 市場価格に近い価格で売却可能

任意売却は所有者の意思で行うことができるため、一般的に競売より高く、市場相場に近い価格での売却が可能です。その分、残ったローンや借金など(残債務)を少なくすることができます。

メリット② 費用が一切かからない

任意売却をするのに費用が一切かからない理由は、金融機関や保証会社など(債権者)の合意のもと、任意売却を実行するためにかかる各種の諸費用すべてが「売却代金の中で清算される」ためです。通常の不動産売買と異なり、売却代金全額が返済に充当されるわけではありません。また、万が一、任意売却が成立しなかった場合は清算自体がありませんので、成立・不成立に関わらず任意売却を行うにあたってあなた(債務者)が新たに負担する費用は一切ございません。どうぞご安心ください。
▶ 費用について

メリット③ 引越し費用確保の相談ができる

競売の場合は、手元に資金を残すことが一切できません。それに対し、任意売却ではお金を貸している側の金融機関や保証会社など(債権者)との交渉次第で引越し費用を捻出することが可能になります。あなた(債務者)の希望に沿った解決ができるよう、早い段階で任意売却の準備を始め、時間に余裕をもって債権者交渉を行えるのがベストです。

メリット④ そのまま住み続けることも可能

競売の場合は、ほぼ間違えなく強制退去となりますが、任意売却では「そのまま住み続ける」という解決方法もあります。それが「リースバック」という方法です。リースバックとは、今の家に住みながら信頼できる第三者(親・兄弟・子供・親戚など)または、理解ある投資家に所有不動産を買い取ってもらい、その方に賃料を払いながら今まで通り住み続ける方法のことをいいます。今までの生活スタイルを変える必要もなく、また将来的に買い戻すことも可能です。病気や転職、リストラなど一時的に売却せざるを得ない場合にも有効な手段となります。当社へのご相談の中で希望される方が最も多い解決方法です。
▶ 住み続けるための3つの方法

メリット⑤ プライバシーを守ることができる

競売になれば、裁判所のホームページや業界紙などに氏名や住所、ご自宅の写真などが公開されます。また、裁判所から執行官がご自宅に現地調査に訪れたり、不動産業者や競売業者などが下見をしにご自宅周辺を徘徊していたりと、近隣の方々に気づかれる可能性も高まります。それに対して任意売却は、一般の不動産売買と同じ方法で売却活動を行っていきますので、近隣に情報が洩れるなどの心配もありません。プライバシーが守られることで精神的不安も少なくなります。

メリット⑥ 残ったローン(借金)の返済計画見直しができる

任意売却は、お金を貸している側の金融機関や保証会社など(債権者)とあなた(債務者)との話し合いによって売却が行われます。任意売却後に残ったローンや借金など(残債務)は、あなた(債務者)の収入状況や生活状況を十分考慮した上で、現実的に支払い可能な範囲の金額で返済計画を立て直すことができます。また、その返済方法についても様々な選択肢がありますのでご不安や心配に思われなくて大丈夫です。
▶ 任意売却後に残った借金は?

メリット⑦ 専門家に依頼することで負担を減らすことができる

任意売却は、その専門の業者に依頼することで売却物件の査定、各種調査、売却価格などに関する債権者交渉を、あなた(債務者)に代わって専門業者が無料ですべて代行してくれます。また、弁護士と提携している業者もありますので、残ったローンや借金など(残債務)の債務整理についても併せて相談できる場合があります。頭を悩ませるような困難な手続きから解放され、負担を減らすことができるのも任意売却の大きなメリットのひとつと言えます。