滞納から競売までのタイムスケジュール

滞納から競売までの流れ

通常、住宅ローンなどの返済を滞納してもすぐには競売申し立てされませんのでご安心ください。
概ね3回以上返済を滞納すると、競売に向けて下記の手順で進んでいくことになります。

住宅ローン滞納から競売入札開始までの流れ

①  住宅ローンを滞納すると、金融機関などから滞納分の督促状・催告書が届きます。
②  そのまま返済せず滞納が続くと、住宅ローンを分割返済できる権利を失い(期限の利益の喪失)、残ったローンすべてを一括返済するよう請求されます。
③  一括返済できなかった場合、保証会社が代わりにローンを一括返済します。(このことを「代位弁済」といい、この時点で銀行から保証会社へ対応窓口が変わります)
④  保証会社は裁判所に競売の申立てを行い、申立てされたことが所有者へ通知されます。(競売開始決定通知)
⑤  申立てられた不動産の査定のため、裁判所の命令で執行官が自宅に訪問し、強制的に室内を見たり写真撮影をします。(その際、不動産鑑定士と一緒に訪問してくることが一般的で、不在や居留守をつかった場合でも無断で開錠して査定を行います。)
⑥  査定後、約1ヶ月ほどで最低入札価格や入札期間の通知がされます。(期間入札の通知)
⑦  入札開始の約1ヶ月半前になると新聞やインターネットなどにも競売情報が公示され、どなたでも室内写真などの閲覧が可能となります。
⑧  約1週間入札者を募集して、後日、開札により落札者が決定します。(期間入札の開始)

任意売却成功のカギは早めのご相談

任意売却は成立するまでに平均で1ヶ月~3ヶ月ほどの期間が必要です。特に裁判所からの通知が届いている方は期限が定められているため、早めのご相談をお勧めします。
時間が勝負の任意売却では、ご相談の時期が早ければ早いほど解決の可能性も高くなります。今は返済できていても数ヶ月後には難しくなりそう、税金の滞納があるなどでご不安がある方も今の時点でご相談ください。