• いちとりについて
  • 相談員のご紹介
  • 任意売却ブログ
  • 会社概要・アクセス
  • 面談予約
  • お問い合わせ
  •  
  • 士業関係事務所の皆様へ
  • 不動産業者・投資家の皆様へ
  • 物件情報
  • 住宅金融支援機構
  • 法テラス

● 住み続けるための3つの方法

任意売却での解決方法には「高く売却(残りの借金を減らす)」「引越し費用確保」「住み続ける」などがあります。
その中で、もっとも多いご相談者様のご希望が、「住み続けたい」というものです。 任意売却では「そのまま住み続ける」という解決方法がありますが、住み続けるためには、リースバックという方法が有効になります。
リースバックとは、今の家に住みながら信頼できる第三者へ売却し、その方に賃料を払いながら今まで通り住み続ける方法のことを言います。今の家に住み続けられるため生活スタイルの変化もなく、見た目上はなにも変わらないので誰かに事情を知られる心配もありません。また将来的に買い戻すことも可能です。病気や転職、リストラなど一時的に売却せざるを得ない場合にも有効です。リースバックには3つの選択肢があり、ご面談の中でそれぞれの状況に応じた最善の方法を選択していきます。

① お子様に買ってもらう(親子間売買)

お子様が成人している、社会人で収入を得ているなど金融機関から借入ができることが条件となります。一般的に金融機関は、親子間売買を認めていませんが一部の金融機関では取り扱うこともあります。ハードルは高いですが、もっとも希望者が多く、現状を確認しながら検討していきます。

② 知人・親戚に買ってもらう

収入があり、金融機関から借入ができることが条件となります。代わりに借入をしてくれるため、通常は知人、親戚の方へ賃料を払うことになります。毎月の支払額は、双方のお話合いで決めていただくようになります。

③ 投資家に買ってもらう

投資家に協力をしてもらうためには賃料を払い続けていくアピールが必要です。当社にはリースバック(任意売却)に協力してくれる友好的な投資家も多く、今まで多くの方々にそのまま住み続けていただいております。また、将来買い戻しを希望される場合にも柔軟に対応していただけますのでご安心ください。

当社では任意売却にご協力いただける投資家の方々に数多くご登録いただいております。ご相談者様のご希望を叶えるため、友好的に対応していただいておりますので、どうぞ安心してご相談ください。

解決できる可能性が高い早めの段階で、問合せされることをお勧めいたします!

【お電話】0120-49-1102 (お問合せ専用フリーダイヤル)
【メール】お問合せフォーム をご利用ください。