競売だとなぜ安い?任意売却との違い

いちとり, お金, リース, リースバック, リーマンショック, 不動産, 任意売却, 企業再生, 低金利, 住み続けたい, 住み続ける, 住宅, 住宅ローン, 住宅ローンの返済, 住宅ローン払えない, 住宅ローン滞納, 保証料, 倒産, 債権回収, 再生, 千葉, 埼玉, 売買, 夫婦関係, 差押, 東京, 株式会社いちとり, 相続, 神奈川, 競売, 競売の取下げ, 管理費の滞納, 裁判, 訪問業者, 買戻し, 返済, 遅延損害金, 金融円滑化法, 銀行, 離婚
 
 

「競売」と「任意売却」どう違うのでしょう? どうせ売却しなくてはいけないのなら一緒でしょ?
 
 
 
 
いいえ。全く違います!!

 
任意売却は、住宅金融支援機構や金融機関の担当者も勧める不動産売却の有効な手段のひとつです。
 
 
競売は、返済のできなくなった債務者(お金を借りた者)から、債権者がお金を回収するために裁判所に申し出て、所有不動産を売却し、返済を得る手続きのことです。
 
 
 
 

「競売」と「任意売却」の売却価格の違い

 
 
競売では、不動産相場の約60~70%の価格で落札されるため、債務(借金)が多く残ります。
 
任意売却は、相場に近い金額で売却できるため、債務を圧縮できます。
 
 
 

なぜ競売だと安くなるの?

 
 
競売物件を検討する場合、
 

■ 内覧(見学)ができない
■ 物件情報が限られている
■ 検討期間が短い(エリアによりますが、約1ヶ月くらいです)
■ 破損や欠陥の補修は、落札者(買受人)が行わないといけない
■ 住宅ローンが組みづらい
■ 不法占有者への対応など、立ち退きトラブルは落札者(買受人)が行う

 
など、様々な条件が付随します。
 
 
 
競売物件は、不動産の購入を検討する上でハードルは高いです。
では、上記のような条件で購入検討できるのは、どのような人でしょうか?
 
それは、不動産会社や投資家です。
 
 
不動産会社や投資家は、自らが住むために購入しないですよね。
誰かに転売して利益を得るために購入します。
そのため、競売では価格が安くなってしまいます。
自宅の購入を考えたとき、皆さんなら競売物件を検討されますか?
 
 
競売では、立ち退きをしなくてはいけませんが、任意売却には住み続ける方法もあります。
詳しくは、以下のブログを参照ください。
 
 

 
 

目次
閉じる