任売とは?競売以外の解決方法!

「任売」ってなに?!

任売(にんばい)とは、任意売却の略になります。
 
不動産会社の間では、任意売却を略して任売と言うことが多いです。
 
住宅ローンの返済や税金などの支払いができず滞納していると、いずれ所有不動産に差押が入り、競売(公売)にかけられてしまいます。
 
競売の場合、
 
相場の6~7割程度で落札される
〇所有者の意思は関係なく、落札者の都合で立ち退きを余儀なくされる
〇競売の情報が新聞やインターネットなどに公開される

 
など、所有者のストレスや精神的な負担が大きいです。
 
そこで、任意売却という方法を用いて、競売以外の方法で解決させていきます。

任意売却って何だろう?

任意売却とは、

■住宅ローンが支払えず滞納している
■売却価格が住宅ローン残高を下回る

 
このような状況下において、債権者(借入金融機関)の合意を得て売却することを、任意売却と言います。
 
 任意売却とは

住宅ローン問題を競売以外で解決する方法

通常、売却価格が住宅ローン残高を下回る場合、その差額や不動産仲介手数料など売却にかかる諸経費は、債務者(住宅ローン借主など)が準備をしなくてはいけません。
準備しなければ、債権者(借入した金融機関など)の抵当権が抹消できないためです。
 
ですが任意売却は、売却代金の中から諸経費などのお金がすべて清算されるため、相談から任意売却成立に至るまで、債務者には一切の費用負担がありません。
 
また、競売とは違い、一般的な不動産取引と同じ手順で売却活動を行うため、相場に近い金額で売却することが出来ます。
 
ご近所などに事情を知られることなく解決ができ、競売に比べて住宅ローンの残債務を減らせるメリットがあります。
そして、任意売却では、住み続けるという方法もあります。

任意売却と競売の違い

 
 
住宅ローンが払えない = 競売
 
ではありません。

 
 
任意売却という方法で、競売以外の解決方法が生まれます。
 
ですが、任意売却は債権者の合意なしでは進めていくことは出来ません。
債権者との話し合いは、一度や二度の経験では上手く進めていけないものです。
 
ご相談の際は、任意売却を専門に扱う会社に相談することを強くお勧めします。
 

目次
閉じる