任意売却すると引越し費用は出してもらえるの?

任意売却では、引越し費用を出してもらえますか?

先日、このようなお問い合わせをいただきました。

任意売却では、引越し費用を出してもらえると思われている方もいらっしゃると思いますが、その認識は間違っていますので、競売と任意売却それぞれの違いも交えてご説明します。

競売の場合

競売の場合、引越し費用はまずもらえないと言ってよいでしょう。

お金が無いから引っ越せないといって、競売によって所有権が移転してしまった自宅に住み続けていると、裁判所より明渡し命令が発出され、強制退去を強いられる可能性も出てきます。

もちろん、落札した買受人から立退料が支払われるケースなども殆どなく、自力で転居するしか方法がなくなります。

任意売却の場合

任意売却の場合、引越し費用がもらえるかどうかは債権者次第になります。

債権者がOKを出せば、債権者の回収分から話し合いで決まった金額を引越し費用として受け取ることができますが、債権者がNGと言えば、引越し費用をもらうことはできません。

任意売却だからといって、必ず引越し費用がもらえるとは限らないのです。

任意売却での引っ越し費用に関しては債権者との話し合いが重要

任意売却では、全ての決定権が債権者にあります。

任意売却の許可・不許可、売却価格がいくらであれば任意売却を認めるのか、引越し費用を融通するかしないか、などを決めるのは債権者です。

つまり、任意売却においては債権者との話し合いがとても重要になります。

任意売却をご検討される場合には、債権者とのやり取りに精通した、任意売却を専門に扱う不動産会社に依頼するのがベストです!

引っ越し費用に関しても、任意売却の知識と経験を活かして、解決できる方法を見つけてくれるはずです。

目次
閉じる