住宅ローンにお悩みの方へ。自己破産を考える前に任意売却の検討を!

いちとり, お金, リース, リースバック, リーマンショック, 不動産, 任意売却, 企業再生, 低金利, 住み続けたい, 住み続ける, 住宅, 住宅ローン, 住宅ローンの返済, 住宅ローン払えない, 住宅ローン滞納, 保証料, 倒産, 債権回収, 再生, 千葉, 埼玉, 売買, 夫婦関係, 差押, 東京, 株式会社いちとり, 相続, 神奈川, 競売, 競売の取下げ, 管理費の滞納, 裁判, 訪問業者, 買戻し, 返済, 遅延損害金, 金融円滑化法, 銀行, 離婚
 
 

借りたお金を返せなくなったとき、自己破産という言葉が頭をよぎる方は多いのではないでしょうか。
 
当社へのご相談で一番多いのは住宅ローンに関する問題ですが、自己破産を考え、当社に相談に来られる前に、弁護士や司法書士に相談されている方も意外と多くおられます。
 
弁護士や司法書士に相談に行くと、そのまま自己破産を勧められるケースが多いようですが、問題が住宅ローンに関することであれば、自己破産を考える前にまずは、任意売却を検討されることをお勧めします!
 
 
 

自己破産をするとどうなるのか

 
 
自己破産をすると、債務(借金等)が免除され、債権者からの催告や督促がなくなります。
一旦、全てをリセットできる。その点はとてもメリットに思えるでしょう。
 
しかし、自己破産をすると財産は処分することになりますので、持家があれば基本的には手放さなければいけなくなります。
 
また、自己破産の情報が「個人信用情報機関」(俗にいうブラックリスト)に登録されるため、一定の期間は新規のローンやクレジットカードがNGとなり、職業や資格に制限もかかるようになります。
 
そして、自己破産手続きを依頼するためには、弁護士費用や司法書士費用を用意しなければならないため負担もかかります。
 
 
 

自己破産の前に任意売却をお勧めする理由

 
 
では、任意売却の場合はどうでしょうか。
 
 
任意売却は、住宅ローンを残したまま自宅の売却ができるよう債権者(借入先の金融機関や保証会社など)にお願いし、許可をいただいた上で自宅を売却する方法です。
 
債権者が応諾すれば、一般の不動産売買と同じ方法で不動産を売却し、その売却代金をもって債権者に返済を行いますが、一般的には債務は残ります。
 
ここで、残った債務について心配に思われる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、自宅を売却してまで残った債務を、債務者が今まで通りに返済することなどできないことは、債権者もよく理解しています。
 
残った債務の返済方法については、債権者との話し合いを通して、無理のない金額を月々支払っていくことになりますのでご安心ください。
 
そして何より任意売却の場合は、依頼するための費用がかかりませんので、負担も少なくて済みます。
 
また、任意売却には、そのまま住み続ける(リースバック)という解決方法もありますので、状況によっては自宅を手放さずに住宅ローンの問題を解決できる可能性があります。
 
 
 
 
住宅ローン滞納の問題は、自己破産をせずとも解決できる場合が多いです。
住宅ローンが払えずお困りの方は、自己破産を考える前にまずは「任意売却」をご検討ください!

 
 

 
 

目次
閉じる