• いちとりについて
  • 相談員のご紹介
  • 任意売却ブログ
  • 会社概要・アクセス
  • 面談予約
  • お問い合わせ
  •  
  • 士業関係事務所の皆様へ
  • 不動産業者・投資家の皆様へ
  • 物件情報
  • 住宅金融支援機構
  • 法テラス

任意売却を検討するタイミング

いちとり, お金, リース, リースバック, リーマンショック, 不動産, 任意売却, 企業再生, 低金利, 住み続けたい, 住み続ける, 住宅, 住宅ローン, 住宅ローンの返済, 住宅ローン払えない, 住宅ローン滞納, 保証料, 倒産, 債権回収, 再生, 千葉, 埼玉, 売買, 夫婦関係, 差押, 東京, 株式会社いちとり, 相続, 神奈川, 競売, 競売の取下げ, 管理費の滞納, 裁判, 訪問業者, 買戻し, 返済, 遅延損害金, 金融円滑化法, 銀行, 離婚
 
 
住宅ローンや税金等の支払いが困難となり滞納が続くと、いずれご自宅やご所有の不動産に対し「競売」の手続きが実行されるようになります。
 
「任意売却」は、競売を回避して、新たな生活をスタートさせるための手段のひとつですが、任意売却を行うことができる時間には限りがあります。
 
次のような状況になった時は、任意売却の検討をされてみてください。
 
 
 

返済や支払いが苦しいと感じるようになった時

 
 
 
検討のタイミングとしてはベストです。
 
まだ滞納するまでには至っていませんので、通常の売却活動による売却が可能かどうかも含めて、解決に向けて多くの選択肢が見つかると思います。
 
 
 

代位弁済が行われた時(債権者が金融機関から保証会社に移行した時)

 
 
 
代位弁済が行われると住宅ローンの分割返済ができなくなり、残っているローン残金を一括で返済するか、競売になるかのどちらかになります。
 
この場合、既に滞納となっている状況にあると思いますので、何も対策を講じなければ競売になることが多いです。
 
競売を避けるためには任意売却を検討し、できるだけ早めに任意売却の専門家に相談されることをお勧めします。
 
 
【関連ブログ】 重要なターニングポイント「代位弁済」
 
 
 

(裁判所より)競売開始の決定通知が届いた時

 
 
 
競売に向けて、裁判所が手続きを開始しました。
 
ここから競売の入札が始まるまで、残された時間はおよそ4~6ヶ月ほどです。あまり時間はありません。
競売を避けたい場合には、すぐに任意売却の専門家にご相談ください。
 
残された時間は少ないとはいえ、競売を回避できる可能性はまだあります。諦めないでください!
 
 
【関連ブログ】 競売へのカウントダウン
 
 
 
 
 
 
任意売却検討のタイミングとなるターニングポイントは何度かありますが、いずれにしても「早めに相談する」ことが、希望に沿った解決への近道です。
 
相談するのには、ご不安や心配もたくさんあるかと思いますが、相談することで気持ちが楽になり、そのことがきっかけで状況も変わるかもしれません!
 
 
▶ 滞納から競売までのタイムスケジュール
 
 
 
 
 
 
いちとりは、「任意売却」を専門に扱う不動産会社です。
 
当社は、任意売却に対しての知識も実績も豊富にあります。
任意売却の専門相談員が、しっかりとご相談者様のお話を伺った上で、最善・最良の解決策をご提案いたします。
 
ご相談から任意売却による解決まで費用は一切無料です。
ご相談者様のご希望に沿った解決ができるよう、全力でサポートいたします!

 
 
【関連ブログ】 株式会社いちとり について
 
 
 
 
フリーダイヤル:0120-49-1102(携帯・PHSからも通話料無料)
 
メールでのお問い合わせは → こちら