• いちとりについて
  • 相談員のご紹介
  • 任意売却ブログ
  • 会社概要・アクセス
  • 面談予約
  • お問い合わせ
  •  
  • 士業関係事務所の皆様へ
  • 不動産業者・投資家の皆様へ
  • 物件情報
  • 住宅金融支援機構
  • 法テラス

債務整理は、任意売却の前・後どっち?

いちとり, お金, リース, リースバック, リーマンショック, 不動産, 任意売却, 企業再生, 低金利, 住み続けたい, 住み続ける, 住宅, 住宅ローン, 住宅ローンの返済, 住宅ローン払えない, 住宅ローン滞納, 保証料, 倒産, 債権回収, 再生, 千葉, 埼玉, 売買, 夫婦関係, 差押, 東京, 株式会社いちとり, 相続, 神奈川, 競売, 競売の取下げ, 管理費の滞納, 裁判, 訪問業者, 買戻し, 返済, 遅延損害金, 金融円滑化法, 銀行, 離婚
 
 
弊社では、任意売却と一緒に債務整理のご相談をいただくことがあります。
 
「債務整理するなら任意売却の前と後、どちらがいいんですか?」
 
大抵の場合、2つの違いをはっきりと理解されていないことが原因でご質問されます。
 
 
まず、
(任意売却とは)
住宅や投資用ローンなどの返済が困難になった場合に、購入時にお金を貸してくれた債権者(金融機関など)の合意を得た上で不動産を売却する方法です。
任意売却は、借りたお金の残額を下回った売却価格でも不動産を売却することが可能であり、債権者との話し合い次第で引越し費用の捻出や住み続けることも可能です。
 
 
その一方で、
(債務整理とは)
法律で認められた借金整理の方法であり、大きく分けて3種類あります。
 
【1】 任意整理 (任意に債権者と話し合い、減額や利息の免除など和解する方法)
【2】 個人再生 (裁判所に申立て、借金を減額してもらう方法)
【3】 自己破産 (裁判所に申立て、借金を0にしてもらう方法)

 
 
債務整理は、司法書士や弁護士に依頼することが一般的です。
個人的には、弁護士は破産申立代理人になれるのに対し、司法書士は代理人にはなれないため、依頼するなら弁護士が良いと思っております。
 
また大まかな説明になりますが、自宅を残しながら借金の減額をする場合は、「任意整理」か「個人再生」。
すべての借金を0にする場合、「自己破産」となります。
 
ですので、「任意整理」や「個人再生」を希望される場合、任意売却は選択肢としてありません。
「自己破産」をご希望の場合のみ、任意売却の選択肢が出てきます。
 
 
「自己破産を考えている場合、任意売却の前・後どちらが良いか」について。
 
 
ご所有不動産がある場合でも、同時廃止(※1)になることはありますので、一般的な回答としては、ご相談者様の状況や希望により変わるという回答になります。
ですが、私個人の意見としては、任意売却してから自己破産が良いと考えています。
 
理由は、
 
■ 管財事件(※2)となった場合、予納金など余分な費用がかかる
■ 引越し代の捻出ができなくなる
■ 住み続けられる可能性が低くなる
■ 破産財団(※3)組入金が、売却価格の3~5%と高く、債権者への配分が減る
 
などが挙げられるからです。
 
 
自己破産を検討されている方は、弁護士への相談とは別に専門家にも相談されることをお勧めします。
 
弊社に相談にいらっしゃる方の中には、任意売却後に残った借金やお金の流れをご説明すると、自己破産をやめる方も多いです。
自己破産や任意売却をご検討されている方は、一度、いちとりにもご相談くださると幸いです。
 
 
 
(※1)同時廃止
破産手続き開始と同時には破産手続きが廃止(終了)すること
 
(※2)管財事件
裁判所より選任された破産管財人が、破産者本人に代わって財産の換価・処分・配当を行うこと
 
(※3)破産財団
破産手続きにおいて、破産者の財産など
 
 
 
 
 
 
 
 
いちとりは、「任意売却」を専門に扱う不動産会社です。
 
債務整理のご検討をされる際には、その前にまずは一度、いちとりまでご相談ください。
どのようなご状況でも解決に向けて、できる限りのサポートをさせていただきます。

 
 
【関連ブログ】 株式会社いちとり について
 
 
 
 
フリーダイヤル:0120-49-1102(携帯・PHSからも通話料無料)
 
メールでのお問い合わせは → こちら