• いちとりについて
  • 相談員のご紹介
  • 任意売却ブログ
  • 会社概要・アクセス
  • 面談予約
  • お問い合わせ
  •  
  • 士業関係事務所の皆様へ
  • 不動産業者・投資家の皆様へ
  • 物件情報
  • 住宅金融支援機構
  • 法テラス

任意売却に一長一短あり!主な注意点とは?

いちとり, お金, リース, リースバック, リーマンショック, 不動産, 任意売却, 企業再生, 低金利, 住み続けたい, 住み続ける, 住宅, 住宅ローン, 住宅ローンの返済, 住宅ローン払えない, 住宅ローン滞納, 保証料, 倒産, 債権回収, 再生, 千葉, 埼玉, 売買, 夫婦関係, 差押, 東京, 株式会社いちとり, 相続, 神奈川, 競売, 競売の取下げ, 管理費の滞納, 裁判, 訪問業者, 買戻し, 返済, 遅延損害金, 金融円滑化法, 銀行, 離婚
 
 
昨今の日本の状況を俯瞰すると、新型コロナウイルスによって長期間店舗の営業ができなくなり、ローン返済がままならず滞納する人が大勢出ているようです。
 
払えなくなった時の選択肢には、自己破産と競売と任意売却の三択があるのですが、ここでは特に任意売却について、分かりやすく説明したいと思います。
 
任意売却は、伝家の宝刀とはいえ、一長一短が当然ですがあります。
任意売却を決意した人に対しての注意点も明らかにして、より良い生活の再スタートになればと思っています。
 
 
 

1.任意売却のメリット

 
 
 
住宅ローンを滞納するほどの状況に至ると、競売しかないのかと思ってしまいがちですが、まだ選択肢があるのです。
それは任意売却ですが、様々なメリットがあります。
 
まず、競売のように強制的なものでなく、自分の意思で売却できます。
しかも競売と比べても、市場価格に近似した金額で売却できる可能性が残されています。
そうすると、住宅ローン滞納の事実を察知される心配も無くなりそうです。
 
さらに、交渉次第では引越し費用を得たり、住宅ローン残債を少額ずつ分割払いできるようにもなります。
 
 
 

2.任意売却のデメリット

 
 
 
任意売却は、一長一短があります。
デメリットが任意売却にもあるのです。
競売は、法律に基づき強制的に事が進行していきますが、任意売却はそうはいかないです。
 
任意売却は、まず自ら任意売却を扱う業者に依頼し、買受人を探す必要があります。
場合により、債権者(住宅ローンを借りた銀行など)に会ったり、種々の手続きをしなければなりません。
(いちとりでは、債権者などの利害関係人との話し合いを、全て代行いたします)
 
また、連帯債務者や連帯保証人の同意が必要不可欠です。
 
 
【関連ブログ】 任意売却のデメリット
 
 
 

3.任意売却の注意点

 
 
 
任意売却の際の注意点ですが、当然ながら、まず住宅ローンが残るということです。
 
また、連帯保証人に連絡や請求がいきます。
 
悪いことに、市場に出しても、そもそも売れないかもしれません。
 
さらに、任意売却を承認してくれない銀行や保証会社も存在します。
 
任意売却を認めないのは、それなりの理由があるからです。
それは、住宅ローン滞納者が、銀行からの滞納督促に対して無視し続けていたからです。
 
 
 

最後に

 
 
今まで述べてきたように、任意売却は普通の不動産取引に相違して、法律知識や取引経験が必要不可欠です。
 
任意売却のガイドラインなども無いので、中には悪徳業者も存在するようです。
例えば、連帯保証人の財産を没収したり、自己破産を勧めたり、時間切れで競売に出される等のトラブルが発生しているようです。
 
任意売却しようとすれば、債権者や保証人などの関係者との調整や駆け引きも必要です。
それで、任意売却についての知識や実績のある、信頼できる経験豊富な専門家を探して依頼するべきだと思います。
 
 
▶ 任意売却依頼先の選び方
 
 
 
 
 
 
 
 
株式会社いちとりは、「任意売却」を専門に扱っている不動産会社です。
 
住宅ローンや任意売却に関して、ご不安や心配事、お困りのことがありましたら、いちとりまでお問い合わせください!

 
 
 
 
フリーダイヤル:0120-49-1102(携帯・PHSからも通話料無料)
 
メールでのお問い合わせは → こちら