• いちとりについて
  • 相談員のご紹介
  • 任意売却ブログ
  • 会社概要・アクセス
  • 面談予約
  • お問い合わせ
  •  
  • 士業関係事務所の皆様へ
  • 不動産業者・投資家の皆様へ
  • 物件情報
  • 住宅金融支援機構
  • 法テラス

不動産競売の費用は誰が負担する?

<競売するにも費用がかかります!>
いちとり, お金, リース, リースバック, リーマンショック, 不動産, 任意売却, 企業再生, 低金利, 住み続けたい, 住み続ける, 住宅, 住宅ローン, 住宅ローンの返済, 住宅ローン払えない, 住宅ローン滞納, 保証料, 倒産, 債権回収, 再生, 千葉, 埼玉, 売買, 夫婦関係, 差押, 東京, 株式会社いちとり, 相続, 神奈川, 競売, 競売の取下げ, 管理費の滞納, 裁判, 訪問業者, 買戻し, 返済, 遅延損害金, 金融円滑化法, 銀行, 離婚


こんにちは。いちとり任意売却サポートスタッフの堀です😊
 
11月も終わりに近づき、新宿御苑の木々も赤や黄色に色づきながら少しずつ落葉が始まっています。
これから寂しくなっていきますね。
 
 
それでは、本日のブログです!
 
今回は、不動産競売にも費用がかかるということについてお話したいと思います。
そして、その費用は一体誰が負担するのか。気になるところです。
 
 
不動産競売とは、債務者が住宅ローンなどの借入金の返済ができなくなり滞納が続いた場合に、債権者が残金を回収するために行う法的な手段のひとつです。
債権者が裁判所に不動産競売の申立を行い、強制的に不動産を売却することで、その売却代金をもって債務の弁済に充てるというわけですが、この申立を行うのにも費用がかかります。
 
不動産競売の申立には、法律に基づく申立手数料、予納金、郵便切手等の納付が事前に必要となります。この費用は、対象となる不動産や申立を行う裁判所にもよりますが、数十万円~百万円を超える場合もあり、ある程度大きな金額となります。
 
これらの申立費用は、不動産競売の申立人(債権者)が裁判所に納めています。
しかし、不動産競売の実行によって不動産の売却が行われると、この申立費用は売却代金から優先的に充当されることになるため、債務者にとってはその分、債務が多く残るという結果になります。つまり、最終的に申立費用は債務者自身が負担することになるのです。
 
そして実際はこの申立費用、全額が申立人(債権者)に返還されるとも限らない・・・という点もポイントです。
不動産競売を実行しても売却できなかったり、申立をしても申立人に配当される見込みがない(債権の回収ができない)と判断された場合には、無剰余取消(※1)となる場合もあります。その場合は、申立費用から実費分が差し引かれた残金が返金されるのですが、状況によっては殆ど戻ってこないこともあります。
 
このように不動産競売の申立には、申立人(債権者)にも少なからずリスクが発生します。したがって、申立費用を支払っている以上、その申立が受理されたら取下げるのは容易ではなくなります。
任意売却を検討するのであれば、できるだけ早期に債権者との話し合いを進めるのがベストでしょう。債権者も任意売却のメリットは十分理解されていますので、早めの相談には快く対応してくれるケースは多いです。
また、スムーズに話を進めていくためには、やはり任意売却を専門に扱っている会社に依頼することをお勧めします。進め方を熟知している会社であれば、債権者との話し合いだけでなく、相談者の希望に沿って解決する方法を提案してくれます。
 
(※1)無剰余取消
競売手続きにおける制度のひとつ。
後順位の抵当権者などで、競売手続きをしても配当を得られる見込みのない(債権を回収できる見込みがない)債権者が申立をした際に、裁判所がこの申立を却下して取り消すという制度。

 
 
いちとりは、任意売却を専門に扱う不動産会社です。
任意売却に関する豊富な知識や経験を活かし、今まで多くの任意売却を成功に導いてまいりました。ご相談者様の状況やご希望に沿った解決に向け、最善の方法で最後までしっかりサポートさせていただきます!
ご質問・ご相談、お困りのことなどございましたら、どうぞ安心してまずは一度、いちとりまでお問い合せください。

 
 
 
フリーダイヤル:0120-49-1102(携帯・PHSからも通話料無料)
 
メールからのお問い合わせは → こちら
 
 
 

******************************
【11月27日 今日は何の日?】
・ ノーベル賞制定記念日
・ 組立家具の日
 
【11月27日 今日は何があった日?】
・ 愛知県の県域が確定した日(明治5年)
 
【11月27日生まれの有名人】
・ 徳川吉宗/江戸幕府第8代将軍(1684年/旧暦:貞享元年10月21日)
・ 松下幸之助さん(1894年)
・ ブルース・リーさん(1940年)
・ 小室哲哉さん(1958年)
・ 浅野忠信さん(1973年)
 
【11月27日の花と花言葉】
・ 花(クロッサンドラ)
・ 花言葉(内面の美)

 
 

コメントは受け付けていません。