任意売却を勧める悪徳業者も増えています。一見良さそうに思える話には要注意!

任意売却を勧誘する悪徳業者

 

不動産の売買などお金が絡むような話には、何かと悪意の秘められた「うまい話」といったものが寄ってくるケースは多いです。
特に困っている状況にあるときに、そのような悪意が「救い」に見えてしまうこともあるようで、騙されてしまう方も実際にはいらっしゃいます。

それは、「任意売却」においても然り。つまり、任意売却を勧めてくる人たちの中にも悪徳業者がいますので、そのような人たちの「うまい話」には十分注意していただきたいと思います。
そこで今回は、任意売却を検討されている方が「うまい話」に騙されてしまうことのないよう、悪徳業者に対する注意点や対処方法などについて説明いたします。

目次

任意売却を勧める悪徳業者の手口

情報化社会となった現在、個人情報は完全に守られているという状況でもなくなってきました。つまり、調べようと思えば誰もが調べられる世の中だということです。
悪徳な不動産会社や任意売却業者なども、事前に様々な情報を調べた上で、住宅ローンや消費者ローン、税金などの支払いに困っている方に対して、手を変え品を変えアプローチしてきます。

特に、競売を申立てられている場合には、申立てられている方の住所などの情報は、裁判所の掲示板やインターネットなどでも公開されますので誰もが知るところとなります。
したがって、悪徳業者からの接触率も必然的に高くなってきます。また、知り得た住所から所有者情報を割り出すことも容易に行うことが可能です。

それでは、任意売却を勧める悪徳業者はどのように接触してくるのでしょうか。その手口をチェックしていきましょう。

引越し費用を○○万円渡します

任意売却の業務をしていてよく聞く話としては、不動産会社や任意売却業者を名乗り「当社で任意売却を行えば、引越し費用として○○万円お渡しできます」といって契約を勧めてくるというものです。例えば、100万円や200万円などといった実際の金額を提示されると真実味も増しますので、このようなフレーズに乗せられて実際に契約されてしまう方もいらっしゃるようです。

しかし、このような話には注意してください!

なぜなら、任意売却では、引越し費用を貰えるのか、貰えないのか、貰える場合はいくら貰えるのか、それらを決めるのは全て債権者(借入れをしている金融機関など)だからです。
つまり、任意売却においては、不動産会社や任意売却業者が債権者と話し合いを行う前に「引越し費用を出せる」「〇〇万円渡せる」といった具体的な内容を債務者に提示することは、本来できないことなのです。

住み続けること(リースバック)が可能です

最近では、自分(自分たちの会社)に依頼すれば、住み続けること(リースバック)が可能であるといって接触してくる業者も多いようですが、ここでも注意が必要です!

先ほどもお伝えしましたが、任意売却では全ての決定権は債権者にあります。したがって、リースバックによって住み続けることができるかどうかを決める権限を持っているのも債権者です。
「住み続けることができますよ」などと根拠のないことを、あたかも絶対できるような口ぶりで話して、任意売却の依頼を取り付けようと接触してくる人や業者には十分注意してください。

自宅へのアポなし訪問

債務者の住所が分かれば、事前連絡も何もなく突然自宅に訪問してきて任意売却を勧めてくる業者もあります。さすがに玄関先で大声を出すなどの暴挙に出る人はいないでしょうが、それでもしつこく訪問してきたり、自宅周辺をうろついたり、中には近隣住民の方に話を聞いてまわるといった行動をとる業者などはあるようです。
その結果、このようなケースでは、ご近所に自身の状況を知られたくないという心理から、そのまま悪徳業者の話を聞いてしまい、上手いトークに騙されて依頼や契約をしてしまうといったことがあります。

そして、ここでの注意点です!
咄嗟にどうしてよいか分からず話を聞いてしまった場合でも、その場で直接依頼をしたり契約したりすることだけはしないでください。

なぜなら、任意売却の話を悪徳業者と進めてしまうと、最終的に良くない結果になってしまうことが多いからです。自宅に突然訪問してきた人に対しては、一切相手にしないか、とりあえず一旦帰ってもらいましょう。そして、実際にお困りの場合には、信頼できる不動産会社や任意売却を専門に扱う会社をご自身で探して相談するようにしてください。

任意売却は相談先が重要

任意売却は、不動産の売却業務になるため、一般の不動産会社でも依頼をすることは可能です。

しかし、通常の不動産売却とは作業の流れが異なりますので、不動産の売買に慣れている不動産会社でも任意売却には不慣れな会社は多く、そのような不動産会社では対応が遅くなるケースがあります。
例えば、自宅に近いからと近所の不動産会社に任意売却を依頼して受けてくれたとしても、その不動産会社が債権者との話し合いや任意売却の流れを理解していなければ、時間だけが無駄に過ぎてしまうことにもなり兼ねません。

特に競売申立てをされてしまっている場合などは、競売までのカウントダウンがすでに始まっています。依頼先の不動産会社や担当者が、慣れない業務でもたもた作業しているうちに、残念ながら競売の入札が始まってしまったという事例も実際にはあります。

任意売却は、依頼先によって成功率が変わりますので、「誰に相談するか」「どこに依頼するか」がとても重要になります。

任意売却は任意売却を専門に扱う不動産会社に相談しましょう

任意売却を行うためには、まず、任意売却に関する全ての決定権をもっている債権者に合意をいただかなくてはなりません。さらに、債権者が複数いる場合には、その全ての債権者の合意が必要になります。

任意売却は、通常の不動産売却とは異なる手順で手続きが進んでいきますので、信頼できる会社を探すときには「任意売却を専門に扱っている会社」そして、「実際に任意売却の実績がある会社」を指標とされるのがよいでしょう。また、「インターネットで企業のホームページをチェックする」「実際に一度電話をかけて社員や相談員の応接態度を確認してみる」といった方法もお勧めです。

任意売却は、対応できる時間に限りがあります。

そして、現時点で競売申立てをされている方は、任意売却できる時間も少なくなってきている状況ですので、できるだけ早く相談先を探して相談や依頼をされるようにしてください。

いちとりは任意売却を専門に扱う不動産会社です

「株式会社いちとり」は、任意売却を専門に扱う不動産会社です。

当社は創業以来、任意売却に関する数多くのご相談を受け、ご相談者様ごとに違う状況に応じて最善・最良の方法で、住宅ローンや税金の滞納、競売申立てなどの問題を解決してまいりました。
任意売却に関する知識も経験も豊富にあります。不安なことや、お困りのことがありましたら、一度、いちとりまでご相談ください。私たちが最後まで責任をもって対応させていただきます。

 

大切なご自宅の問題です。
上手い話に騙されて後悔することのないように、任意売却のご相談、依頼先の選定にはくれぐれもご注意ください。

 

無料お問合せはこちら

目次
閉じる