• いちとりについて
  • 相談員のご紹介
  • 任意売却ブログ
  • 会社概要・アクセス
  • 面談予約
  • お問い合わせ
  •  
  • 士業関係事務所の皆様へ
  • 不動産業者・投資家の皆様へ
  • 物件情報
  • 住宅金融支援機構
  • 法テラス

住宅ローンの滞納で、信用情報はどうなる?

いちとり, お金, リース, リースバック, リーマンショック, 不動産, 任意売却, 企業再生, 低金利, 住み続けたい, 住み続ける, 住宅, 住宅ローン, 住宅ローンの返済, 住宅ローン払えない, 住宅ローン滞納, 保証料, 倒産, 債権回収, 再生, 千葉, 埼玉, 売買, 夫婦関係, 差押, 東京, 株式会社いちとり, 相続, 神奈川, 競売, 競売の取下げ, 管理費の滞納, 裁判, 訪問業者, 買戻し, 返済, 遅延損害金, 金融円滑化法, 銀行, 離婚
 
 
新型コロナウイルスの問題が起きてから、住宅ローンに関する質問やお問い合わせが増えています。
 
先日、新型コロナウイルスの影響による収入減が原因で、住宅ローンの滞納を余儀なくされてしまった方から、「やむなく滞納してしまったが、それによって個人の信用情報に何か影響が出てしまうのか?」という問い合わせをいただきました。
 
予期せぬ事態によって、住宅ローンが払えなくなってしまったご相談者様。
信用情報というのは、お金の関わる取引の場においては、審査等を行うにあたり大変重要な指標となる訳ですから、ご相談者様が心配されるのも無理はありません。
 
 
 

住宅ローン滞納が信用情報に及ぼす影響

 
 
 
住宅ローンの返済を1日でも滞納すると、基本的には信用情報に延滞の記録が残ります。ただ、1日くらいの延滞記録が残っても、実際の生活において不利益が生じることは、まずありません。
すぐに返済を行っていれば、ただのうっかりミスと相手も思ってくれるはずですし、特に返済能力に問題が出たと疑われることもないでしょう。
 
かく言う私も過去に一度、銀行口座の残高確認を忘れ、「口座残高の不足により引落しができませんでした。早急に確認して口座に入金してください」との連絡をカード会社から貰ったことがあります。その時は一瞬焦りましたが、すぐに対応したので、その後は特に何も問題ありません。
 
しかし、そのような滞納を何回もしてしまったり、2~3ヶ月続けて行ってしまった場合には、相手もうっかりミスとしては扱ってくれなくなります。危険信号を察知して、新規の借入やクレジットカードの発行をストップするなどの対策を講じたり、より法的効力のある督促状や催告書などを用いて強く返済を求めてきますので注意してください。
 
そうなると、信用情報にも後々まで影響するような延滞の記録が残りますので、色々と不便なことも生じてきます。
 
 
 

住宅ローンを滞納したら競売になるの?

 
 
 
住宅ローンの滞納も1~2ヶ月ほどであれば、まず競売になることはありません。
ただ、その滞納が3ヶ月を過ぎてくると、住宅ローンを「分割で返済できる権利」が失われてしまいます。
これを「期限の利益の喪失」といいますが、この期限の利益を喪失してしまうと、残された道はローンの残りの債務を一括で返済するか、競売ということになります。
 
 
▶ 滞納から競売までの流れ
 
 
 

競売にならないために

 
 
 
滞納をしてしまう理由としては、やはり返済に充てるお金が無いことが挙げられます。
せっかく購入したマイホームを奪われてしまうという不安と恐れのあまり、滞納されている方の中には消費者金融などで何とかお金を工面して、それを住宅ローンにまわす自転車操業的な生活をされている方も実際にいます。
 
しかし、住宅ローンの金利よりも高利で借り入れたお金で返済しても、何の解決にもなりません。逆に借金が増えるだけです。
そのような対応に走る前に、返済が厳しいと感じ、返済が困難になった時点で、まずは住宅ローンを組んだ金融機関などに相談しましょう。
 
特に今は、新型コロナウイルスといった不測の事態が起きています。金融機関としても親身に返済の相談に乗ってくれるはずです。
ダメだと思って返済を諦め、金融機関にも連絡を取らずに滞納を続けるということだけはしないようにしてください。
 
 
 

競売を回避するための最終手段

 
 
 
とはいえ、いきなり金融機関に連絡を取るというのも勇気がいることだと思います。
その場合は、一度、「任意売却」を検討されてみてはいかがでしょうか。
 
任意売却を行えば、住宅ローンを残したままでもご自宅を売却することが可能になります。価格も競売より高く、市場に近い価格で売却できるようになりますので、残る債務の額を減らし、新しい生活をスタートさせることができるようになるでしょう。
 
自身で行うにはハードルの高い債権者(金融機関や保証会社など)や利害関係者との話し合い、任意売却をするのに必要な書類等の作成は、全て依頼を受けた不動産会社が行います。
依頼先の選定だけ間違えなければ、きっと希望に沿った解決ができるはずです。
 
競売を回避するための最終手段として、「任意売却」という方法があるということを、是非、覚えておいてください。
 
 
▶ 任意売却依頼先の選び方
 
 
 
 
 
 
 
 
いちとりは、「任意売却」を専門に扱う不動産会社です。
 
まず、ご相談者様の現在の状況についてしっかりとお話を伺い、ご相談者様にとって最善・最良の解決方法をご提案させていただきます。
 
また、ご相談者様に安心して任せていただけるよう、ご相談を受けた相談員が最初から最後まで責任をもって、任意売却業務を担当させていただきます。
 
住宅ローンの返済にお困りのときは、一度、いちとりまでご相談ください。

 
 
【関連ブログ】 株式会社いちとり について
 
 
 
 
フリーダイヤル:0120-49-1102(携帯・PHSからも通話料無料)
 
メールでのお問い合わせは → こちら