• いちとりについて
  • 相談員のご紹介
  • 任意売却ブログ
  • 会社概要・アクセス
  • 面談予約
  • お問い合わせ
  •  
  • 士業関係事務所の皆様へ
  • 不動産業者・投資家の皆様へ
  • 物件情報
  • 住宅金融支援機構
  • 法テラス

株式会社いちとり,いちとり,任意売却,不動産,競売,住宅ローン,住宅ローン滞納,住宅ローン払えない,競売,差押,返済,東京,神奈川,埼玉,千葉,再生

《相談者》 富田様(仮名)

《年 齢》 56歳

《職 業》 無職

《家 族》 単身

《希 望》 引越し代と再出発の費用を確保したい

 

解決までの流れ・方法

富田様からご相談をいただき状況を伺うと、何度も管理組合や管理会社から注意、督促を受けていたことが分かりました。その場ですぐに管理組合の代理人となっている弁護士へ連絡。競売になれば安く売却されてしまうことをご理解いただき、当社で任意売却することの許可をいただきました。ただし、滞納した管理費や修繕費、遅延損害金に加え、管理会社が委託した弁護士費用、競売申し立て費用なども富田様が返済することが条件でした。すぐ売却活動に入ろうとしましたが、室内が荒れていたため、一般市場での販売は難しい状況でした。そこで当社提携の投資家様たちへお声がけしたところ、快く購入を引き受けてくださる方が見つかり、弁護士費用を含めた全額と引越し費用、再出発費用を確保することで解決することができました。

 

ポイント

管理費などの滞納を続けてしまった場合、管理会社などから督促状が送られてくる、管理組合の理事会で取り上げられる、弁護士から内容証明が届くなど様々な方法が取られます。しかし、それらを無視し続けてしまうと最終的には競売の申し立てとなってしまいます。管理組合や管理会社から委託を受けた弁護士費用、競売申し立て費用は、通常、所有者(債務者)が支払うことになります。ご相談が遅くなると、遅延損害金や弁護士費用など本来なら払わなくてもよいはずの出費が増え、手元に残るお金が少なくなりますので注意が必要です。