• いちとりについて
  • 相談員のご紹介
  • 任意売却ブログ
  • 会社概要・アクセス
  • 面談予約
  • お問い合わせ
  •  
  • 士業関係事務所の皆様へ
  • 不動産業者・投資家の皆様へ
  • 物件情報
  • 住宅金融支援機構
  • 法テラス

離婚に伴う住宅ローンの問題

いちとり, お金, リース, リースバック, リーマンショック, 不動産, 任意売却, 企業再生, 低金利, 住み続けたい, 住み続ける, 住宅, 住宅ローン, 住宅ローンの返済, 住宅ローン払えない, 住宅ローン滞納, 保証料, 倒産, 債権回収, 再生, 千葉, 埼玉, 売買, 夫婦関係, 差押, 東京, 株式会社いちとり, 相続, 神奈川, 競売, 競売の取下げ, 管理費の滞納, 裁判, 訪問業者, 買戻し, 返済, 遅延損害金, 金融円滑化法, 銀行, 離婚
 
当社に相談に来られる方には、住宅ローンの問題を抱えていらっしゃる方が多いです。
その原因となるものは様々ですが、最近、離婚が原因となっての任意売却のご相談が続きました。
 
そこで今回は、「離婚に伴う住宅ローンの問題」についてお話してみたいと思います。
 
 
 

離婚すると住宅ローンはどうなるのか

 
 


離婚の時、必ず問題となるのが住宅ローンの「返済」についてです。
離婚後に誰が返済するのか、どうやって返済していくのかでトラブルになるケースが多々あります。
そのため、離婚後のお互いの経済状況などを踏まえて適切に解決を目指す必要があります。
 
では、離婚となってしまった場合に住宅ローンはどのように処理していったらよいのでしょうか。大切なポイントを見ていきましょう。

 
 
 
1.残っている住宅ローンの返済をどうするか
 

まずは、残っている住宅ローンの返済方法を決めなければなりません。
選択肢は、概ね以下の3つです。

 

① 売却して売却代金を住宅ローンの返済に充てる

{ 住宅ローン残金 < 売却代金 }の場合には、こちらの方法がベストです。
住宅ローンの残金より売却代金のほうが高ければ、住宅ローンは完済できますので、売却することで住宅ローン返済の問題は解決できます。
 

 

② 売却せずにそのまま返済し続ける

{ 住宅ローン残金 > 売却代金 }の場合には、売却代金で住宅ローンの残金を全額賄えないため、基本的には一般と同じ方法で不動産を売却することはできません。今まで同様、ローンを完済するまで誰かが返済を続ける必要があります。
 

 

③ 「任意売却」を行い、債務を完済させるか債務額を圧縮させる

「任意売却」という売却方法は、上記②の場合でも、不動産の売却を可能にさせる方法です。
但し、任意売却を行うには債権者の同意が必須となるため、債権者が認めない場合には行うことはできません。また、例え債務額を圧縮できたとしても、債務が残った場合には引き続き返済をしていく必要があります。
 

 
 
 
2.残った住宅ローンを誰が返済していくか
 

次にポイントとなるのは、残った住宅ローンを離婚後に誰が返済していくかということです。
ここで重要になるのが、「住宅の名義」です。それを踏まえ、選択肢は概ね以下の3つになると思います。

 

① 離婚前の名義人がそのまま払い続ける

今まで同様に名義人が返済を続けていくのであれば、特に何もしなくて大丈夫です。
(任意売却等で残債務の金額に変更が生じた場合には、返済額が変わることがあります)
 

 

② 離婚前の名義人でない相手方(妻または夫)がそのまま住み続ける

この場合は、金融機関等の債権者から住宅名義とローン名義の変更を求められることがあります。
住宅ローンの返済は、基本的に住宅の名義人が行うことになりますので、現在の名義人が家を出ることになった場合、住んでいない人が完済するまで払い続けてくれるという保証は残念ながらありません。よって、金融機関などの債権者からは、引き続き家に住み続ける人に名義を変えることなどが求められます。
(①同様、残債務の金額に変更が生じた場合には、返済額が変わることがあります)
 

 

③ 共有名義のとき

そのまま(共同で支払いを続ける)にするか、別の方法を考えるため協議が必要になります。
 

 
 
 
3.名義人ではない相手方が「連帯保証人」や「連帯債務者」となっている場合の対応
 

住宅ローンを契約するとき、配偶者が連帯保証人や連帯債務者になることが多々あります。
離婚後も住宅ローンの返済が続く場合には、これら保証人などに関する問題もどうするか決める必要が出てきます。

 

① 離婚前と同じでよい

特に何もせずそのままで問題ありません。
 

 

② 連帯保証人(連帯債務者)から外れたい

代わりの保証人を立てるか、別の方法を考える必要があります。
連帯保証人や連帯債務者には、「債務を連帯して負う」という責任が課せられています。代わりの保証人を設定せず保証人を外れる行為は、ほぼ認められないと思いますので、保証人等の問題で双方の希望が異なる場合には、しっかりと協議する必要があります。
 


 
 
 

住宅ローンでトラブルにならないために確認しておくべきこと

 
 


離婚に伴う住宅ローンの問題を解決するには、まずお互いが離婚後の生活をどのようにしたいかという双方の希望を確認することが大切です。
 
 
【確認事項(一例)】
* 離婚後に続く返済も双方協力するか、協力したくないか
* 家を売却して解決したいか、どちらかが住み続けたいか
* 返済ができなくなったときの責任はどうするのか
* 離婚後もローン返済が可能な収入を確保できるか  など

 
 
自分の希望だけを一方的に通そうとすると問題がこじれ長期化する可能性が出てきます。トラブルにならないよう双方歩み寄って意見のすり合わせを行った上で対処していくことが望ましいです。
また、素早く問題を解決するために、離婚問題に強みのある弁護士に適切なアドバイスをもらいながら手続きを進めていくことも有効です。
 
既に住宅ローンの滞納が続いてしまっている場合や、今後の返済に不安のある場合には、残債務を減らす方法のひとつとして「任意売却」という選択肢もありますので一度検討されてみるのもよいと思います。
「任意売却」という不動産売却方法をとれば、競売を避け、住宅ローンの残債務を縮小できる可能性も出てきます。また、場合によってはそのまま住み続けられる方法もあります。

 
 
 
 
いちとりは、その「任意売却」を専門に扱っている不動産会社です。
豊富な知識と経験をもとに、ご相談いただいた方の希望に沿った解決ができるよう、住宅ローンの問題をサポートしてまいります。また、当社提携の弁護士もおりますので、必要に応じてご紹介も可能です。
ご不安なこと、些細な質問・問合せ、お困りのことがありましたら一度、いちとりまでお問い合わせください!

 
 
 
 
フリーダイヤル:0120-49-1102(携帯・PHSからも通話料無料)
 
メールからのお問い合わせは → こちら