リースバックとは?しくみとメリットをプロが解説

いちとり, お金, リース, リースバック, リーマンショック, 不動産, 任意売却, 企業再生, 低金利, 住み続けたい, 住み続ける, 住宅, 住宅ローン, 住宅ローンの返済, 住宅ローン払えない, 住宅ローン滞納, 保証料, 倒産, 債権回収, 再生, 千葉, 埼玉, 売買, 夫婦関係, 差押, 東京, 株式会社いちとり, 相続, 神奈川, 競売, 競売の取下げ, 管理費の滞納, 裁判, 訪問業者, 買戻し, 返済, 遅延損害金, 金融円滑化法, 銀行, 離婚
 
 
任意売却では、「そのまま住み続ける」という解決方法もあります。それが、リースバックです。
 
 

リースバックのしくみとは?

 
 
リースバックとは、第三者へ不動産を売却し、その第三者と賃貸借契約を結び、毎月賃料を支払いながら今まで通り住み続ける方法のことです。
 
この場合、買取代金が一括で支払われるため、ローン返済自体は問題ないものの、まとまった現金が必要な時にも有効です。
 
リースバックをしても今の自宅に住み続けられるため、ライフスタイルの変化もなく、見た目も何も変わらないので、誰かに事情を知られる心配もありません。また将来的に買い戻すことも可能です。
 
そして、病気や転職、リストラなど、一時的に自宅を売却せざるを得ない場合にも有効です。
 
 

リースバックには選択肢がある

 
 
リースバックには、一般的に以下の3つの選択肢があります。
 
 
① 子供に買ってもらう(親子間売買)
→ 但し、成人しており社会人で収入を得ているなど、金融機関から借入ができることが条件となります。
 
② 親戚・知人に買ってもらう
→ 但し、収入があり金融機関から借入ができることが条件となります。
 
③ 投資家・投資会社に買ってもらう
→ 但し、投資家様に協力をしていただくため、賃料の滞納は出来ないとお考え下さい。
 
 

リースバックをするメリットとは?

 
 
リースバックは、自宅を任意売却して賃貸住宅へ引越すことに比べ、以下のようなメリットがあります。
 
● 引越しが不要
■ 子どもが同じ学校に通い続けられる
■ 売却したことが近所に知れ渡らない
■ 将来的に買い戻しも可能
■ 現金化まで比較的短時間である
     など
 
 
 
 
さて、実際にリースバックを利用するには、一定の条件をクリアする必要があります。
 
それらの条件や、リースバックのメリットだけでなくデメリットも含め、ご相談者様のご状況に合わせて当社では最善の解決方法をご提案させていただきます!
 
もし住宅ローンを滞納してしまっても、解決方法はあります。
まずは一度、いちとりまでご相談ください!
 
 

目次
閉じる