不動産をめぐる詐欺に注意!実際にあった事例を紹介

いちとり, お金, リース, リースバック, リーマンショック, 不動産, 任意売却, 企業再生, 低金利, 住み続けたい, 住み続ける, 住宅, 住宅ローン, 住宅ローンの返済, 住宅ローン払えない, 住宅ローン滞納, 保証料, 倒産, 債権回収, 再生, 千葉, 埼玉, 売買, 夫婦関係, 差押, 東京, 株式会社いちとり, 相続, 神奈川, 競売, 競売の取下げ, 管理費の滞納, 裁判, 訪問業者, 買戻し, 返済, 遅延損害金, 金融円滑化法, 銀行, 離婚
 
 
最近、「地面師(じめんし)」という言葉をよく耳にするようになりました。
皆さんは、その実態をご存じでしょうか?
 
 

地面師ってなに?

 
 
地面師とは、土地や建物の持主(本当の所有者)が全く知らないところでその所有者になりすまし、不動産を勝手に第三者に転売して代金をだまし取ったり、担保に入れてお金を借りたりする詐欺師(グループ)のことです。
 
不動産を探す役、書類を偽造する役、所有者になりすます役など、役割を分担して犯行に及びます。また、事件ごとにメンバーを組み替えたりもするそうです。
 
地面師(グループ)による詐欺被害は、地価高騰で土地取引が活発だった1990年前後のバブル期にも多発したようですが、近年、再び被害が増加傾向にあるそうです。
 
 

実際にあった事例

 
 
先日、以前当社で任意売却に成功されたご相談者様よりお電話をいただきました。
 
警察から連絡があり、そのときに売却された不動産で詐欺被害が発生していたとのこと。
 
簡単に説明させていただくと、当社が任意売却を進めていた裏でご相談者様になりすまし、被害者(全く別の買主)と売買契約を締結し、契約手付金を奪い取ったというのです。
 
これこそまさに地面師(グループ)の仕業です。
 
私もまさか、このようなな身近でところで、このような事件が起こるとは思ってもいませんでした。
 
■ 地面師はどのような手口で犯行に及ぶのか
■ 被害に遭わないための対策はないだろうか

 
実際に他人事でなくなったと感じた私は、私なりに調べ、コラムとしてまとめてみましたので、是非、併せてお読みください
 
 

 
 

不動産をめぐる詐欺被害に遭わないためには、どうしたらよいか

 
 
地面師のみに限らず、近年横行している各種詐欺の手口は年々巧妙化しています。
 
地面師に関していえば、積水ハウスやアパホテルなどの大企業もその被害に遭ったというのをニュースなどでご存知の方も多いと思います。
その道のプロでさえ騙されることがある詐欺を見抜くというのは、本当に至難の業となってきました。
 
しかし、ここで大事なことは、その場ですぐに判断や行動をせずに一旦、「考える時間をもつ」ということです。
 
「考える時間をもつ」
 
というのは一度冷静になる、誰かに相談する、そのための時間です。
そして、相談するときは相手が紹介してくる人ではなく、自分自身が信頼する人にしてください。
 
詐欺をしようとする者は、相手(ターゲット)に対応を急がせるという傾向があるようです。
これは恐らく、その相手(ターゲット)に考える時間を与えないようにすることが意図されているのでしょう。
 
どのような状況であっても、考える(冷静になる)時間をもつということが、詐欺被害から自分自身の身を守る唯一の方法なのではないかと私は思います。
 
もう他人事ではありません!
自分がいつ被害に遭ってもおかしくない状況に置かれているということを、常に頭の片隅に入れておいてください。
 
最後に、ご相談者様が当社に連絡をくださった詐欺事件の件、どうやら無事に犯人は逮捕されたそうです。
 
 

目次
閉じる