ご相談にいらした方からのご連絡

先日ご相談で来社された青木様(仮名)からのご連絡がありました。その第一声

相談してからは眠れる時間も増えて、最近は体調も少しずつ良くなってきています

面談をさせていただいたとき、青木さんはハードワークが原因でうつ病と診断されたばかりでした。
休業せざるを得なくなり収入がなくなった結果、住宅ローン滞納。現在、滞納3ヶ月目。
銀行からは催促の手紙や連絡がきている状況です。

住宅ローンなど支払いが滞ることで緊張や不安が増し、ほとんど眠れていないとのこと。
精神的にも非常に疲弊されているような状態でした。

ご面談では、現在の状況や今に至るまでの背景、今後のご希望などを話していただきました。
そして、私がしたことといえば、

■ 状況を伺って話を少し整理したこと
■ 滞納し続けた場合の今後の流れについての話
■ 希望条件を叶えるために、何をしていくかについての話

くらいです。
ただ、この「くらい」がご相談者様からすると、とても重要なこと。気持ちが落ち着いたと言われるところです。
青木さんも面談が終わる頃には笑顔が出るようになっていました。

  • 住宅ローンや税金滞納など、お金の問題を相談できる人がいない
  • 相談するのが恥ずかしい

と思われる方は非常に多いです。
そのようなときは、いちとりまでご相談ください。

目次
閉じる