• いちとりについて
  • 相談員のご紹介
  • 任意売却ブログ
  • 会社概要・アクセス
  • 面談予約
  • お問い合わせ
  •  
  • 士業関係事務所の皆様へ
  • 不動産業者・投資家の皆様へ
  • 物件情報
  • 住宅金融支援機構
  • 法テラス

住宅ローンの滞納状況別対処方法②【滞納1ヶ月~3ヶ月】

いちとり, お金, リース, リースバック, リーマンショック, 不動産, 任意売却, 企業再生, 低金利, 住み続けたい, 住み続ける, 住宅, 住宅ローン, 住宅ローンの返済, 住宅ローン払えない, 住宅ローン滞納, 保証料, 倒産, 債権回収, 再生, 千葉, 埼玉, 売買, 夫婦関係, 差押, 東京, 株式会社いちとり, 相続, 神奈川, 競売, 競売の取下げ, 管理費の滞納, 裁判, 訪問業者, 買戻し, 返済, 遅延損害金, 金融円滑化法, 銀行, 離婚
 
 
住宅ローンの滞納状況別対処方法。
第2回目は、「滞納1ヶ月~3ヶ月」という状況です。
 
 
滞納が始まった場合、滞納者への対応は金融機関によって多少違いはあるかと思いますが、概ね、次のようになります。
 
■ 支払いを促す「督促状」や「催告書」が届く(内容は徐々に厳しくなっていきます)
■ 個人信用情報機関(一般的にブラックリストと呼ばれるもの)に滞納情報が登録される
■ 期限の利益が喪失する

 
 
実際に「ブラックリスト」というリストは存在しませんが、1回でも滞納が認められると、個人信用情報機関にその情報が登録されます。
 
期限の利益とは、「分割で返済できる権利」のことをいいます。期限の利益が喪失するとは、住宅ローンを分割で返済することができなくなるということです。
 
 
期限の利益が喪失してしまった場合、住宅ローン返済に向けての対処方法は次の2つになります。
 
① 住宅ローン残金全額を現金で一括返済
② 競売

 
 
滞納されている時点で恐らく、①「一括返済」で問題を解決することは難しいと思われます。
そうなると、②「競売」が唯一の返済方法となってしまいます。
 
しかし、この段階になって「競売」をせずに返済するという方法が、新たにひとつ誕生します。
それが、任意売却です。
 
 
任意売却は、「滞納している状態」「不動産価格が借入金残高を下回っている状態」でなければ実行できない不動産の売却手段になります。
 
後々のことを考えた場合、競売より任意売却による解決のほうが格段にメリットはあります。
「滞納1ヶ月~3ヶ月」という段階にあたる方は、一度、任意売却の専門家に相談されることをお勧めいたします。
 
何もせず、このまま時間が経過していくと、状況は自動的に「競売」へと進んでいきます。
相談は、できるだけ早めにしたほうが良いでしょう。
 
 
 
 
 
 
いちとりは、「任意売却」を専門に扱う不動産会社です。
 
任意売却に関する知識や経験は豊富にありますので、ご不安や心配事、任意売却についての質問など、どのようなことでもお問い合わせください。
 
しっかりとお話を伺い、ご相談者様の状況を把握した上で、最善・最良の解決方法をご提案いたします。
 
ご相談から任意売却による解決まで費用は一切無料ですので、ご安心ください。
ご相談者様のご希望に沿った解決ができるよう、任意売却専門の相談員が、全力でサポートいたします。

 
 
【関連ブログ】
 
住宅ローンの滞納状況別対処方法①【まだ滞納していない】
 
株式会社いちとり について

 
 
 
 
フリーダイヤル:0120-49-1102(携帯・PHSからも通話料無料)
 
メールでのお問い合わせは → こちら