• いちとりについて
  • 相談員のご紹介
  • 任意売却ブログ
  • 会社概要・アクセス
  • 面談予約
  • お問い合わせ
  •  
  • 士業関係事務所の皆様へ
  • 不動産業者・投資家の皆様へ
  • 物件情報
  • 住宅金融支援機構
  • 法テラス

債務者が競売を取下げる場合

<債務者側から競売を取下げるには、任意売却しかありません!>
いちとり, お金, リース, リースバック, リーマンショック, 不動産, 任意売却, 企業再生, 低金利, 住み続けたい, 住み続ける, 住宅, 住宅ローン, 住宅ローンの返済, 住宅ローン払えない, 住宅ローン滞納, 保証料, 倒産, 債権回収, 再生, 千葉, 埼玉, 売買, 夫婦関係, 差押, 東京, 株式会社いちとり, 相続, 神奈川, 競売, 競売の取下げ, 管理費の滞納, 裁判, 訪問業者, 買戻し, 返済, 遅延損害金, 金融円滑化法, 銀行, 離婚


こんにちは。いちとり任意売却サポートスタッフの堀です😊
 
今週から9月がスタート。徐々に過ごしやすい季節となってきますね。
今年の夏も暑かったですが、体調など崩されることはなかったでしょうか。
季節の移り変わりに合わせ、心身も整えていきましょう!
 
 
それでは、本日のブログです!
前回は、「競売申立ての取下げ」についてお話しましたが、これはどちらかというと、取下げの効果や制限など「取下げる行為」の部分に焦点を当てた内容でした。
そこで今回は、債務者(競売を申立てられてしまった方)側の視点から、「競売申立てを取下げるために必要なことは何か」ということについてお話をさせていただきます。
 
 
先日、当社に一本のお問い合わせのお電話がありました。
その方は、既に競売を申立てられており、お電話いただいた日の4日後に裁判所から執行官が来るという状況でした。つまり、裁判所執行官による現況調査が行われるという段階でのお問い合わせです。
ではまず、この段階から競売までの流れをみてみましょう。
 
現況調査(裁判所の執行官と不動産鑑定士による該当物件の調査と写真撮影)

該当物件に関する調査資料の作成(裁判所の書記官が作成)

売却基準価格の決定(入札時のスタート価格が決まる)

公 告(該当物件の競売情報を、裁判所掲示板やインターネットなどで世間に公開)

入 札(購入希望者によるオークション)

▼ ← 任意売却は、ここまでに全てを完了させなければなりません!

開 札(購入者が決まる)

競 売(売却)
 
以上のようになります。
 
「現況調査」から「入札」までの期間は、およそ6ヶ月前後(状況によって異なります)。思っているほど、競売(売却)までに時間はありません。
では、債務者がこの競売までの流れを止める方法はあるのでしょうか。
方法は、2つあります。
 
① 残債務(遅延損害金も含む)を「全額一括」で返済する
(競売を申立てられる前段階で、債務を「分割」で返済できるという権利は消滅します。このことを「期限の利益の喪失」といいます)
 
② 任意売却を行う
 
そうです!
債務者側には、この2つの選択肢しかないのです。
 
厳しい言い方になってしまうかもしれませんが、競売を申し立てられた時点で恐らく①で解決することは難しいでしょう。よって、債務者にとって競売を取り下げる方法は、必然的に②の「任意売却」しか残っていないのです。
「任意売却」とは、所有不動産の現在価格が借入金の残高(ローン残高)を下回っていても売却を可能にする不動産取引のことをいいます。(通常、不動産を売却しても債務が残る場合には売却することができません)
 
しかし、その任意売却も、依頼すれば必ずできるという訳ではありません。
なぜなら、任意売却を行う場合には債権者(競売の申立人や借入れをした金融機関など)の合意が必要となるからです。いくら任意売却をしたくても、債権者が認めてくれなければできないのです。(その場合、債務者が「全額一括返済」できなければ、競売となります)
そして、債務者は債権者と直接話し合いをしても「全額一括返済」以外の方法で解決することはまずできません。なので、その間に入ってサポートしてくれる協力者が必要となります。
 
いちとりは、これら任意売却に特化した不動産会社です。任意売却に関する知識や経験が豊富にあります。当社が間に入り、債務者の代わりに債権者と話し合いを行い、競売回避に向けてのスケジュール調整や細かな必要書類の作成、不動産の査定や調査、売却活動までを一括してサポートいたします。
 
それでは最後に、前述のご相談者様のお話に戻ります。
今回のご相談者様、途中からお子様にお電話が変わり、役所や裁判所、警察署などへ自分が相談に行き、ご自身で解決されるとのこと。その決意は固く、何度ご説明しても変わらなかったため、残念ながらここでご相談は終了となりました。
ブログを読まれた方は、もうお分かりかと思いますが、競売申立てをされてしまっている以上、役所や裁判所、警察署等にご自身で相談に行っても、競売を取り下げることはできません。
取下げることができるのは、競売の申立てを行った債権者のみです。
ご相談者様のことがとても心配ではありますが、何とか競売だけは回避して欲しいという思いを込め、今回このブログを掲載させていただきました。
 
<任意売却>は、専門性が問われる不動産取引です。
任意売却の依頼をされる場合には、任意売却に関しての豊富な知識と実績をもつ会社にご相談されることをお勧めいたします。そして、時間に限りがありますので、できるだけ早めにご相談されてください。
いちとりでは、任意売却に関するご不明な点が無くなるまで、しっかりとご説明させていただきますので、どのような些細なことでもまずは一度、いちとりまでお問い合せください。

 
 
 
フリーダイヤル:0120-49-1102(携帯・PHSからも通話料無料)
 
メールからのお問い合わせは → こちら
 
 
 

******************************
【9月2日 今日は何の日?】
・ 宝くじの日
・ くつの日
 
【9月2日 今日は何があった日?】
・ 第二次世界大戦が正式に終結した日(1945年)
・ 世界初となる有人リニア走行に成功した日(1982年)
 
【9月2日生まれの有名人】
・ なかにし礼さん/小説家・作詞家(1938年)
・ 増田恵子さん/ピンクレディー(1957年)
・ キアヌ・リーヴスさん(1964年)
・ 林修さん(1965年)
・ 国分太一さん(1974年)
・ 今市隆二さん/三代目J Soul Brothers(1984年)
 
【9月2日の花と花言葉】
・ 花(菊)
・ 花言葉(高貴・信頼)